モッコウばらのアーチをくぐって

日常のささやかな出来事を綴ります。

背徳スイーツと映画からのメッセージを考える(*^^*)

息子がカルボナーラを作るのですが

卵黄ばかり使うので卵白が余ります^^;

それでマカロンに挑戦してみましたが、ラカントを使ったマカロンはつるりとした生地にはならないですねぇ。残念です。

娘とイチゴのチョコレートをサンドしました。
f:id:rose-eiko:20240228122915j:image

美味しいけれど分量通りに作ったら甘すぎて。

砂糖で作っていたらかなりの背徳スイーツですなぁ。

ラカントでもう少し滑らかな生地にならないか研究必要です。

 

 

休日家事の合間に映画を見ています。

心に残ったものをアップしておきます。

高校生の頃に拉致されて、納屋のような部屋で監禁生活をおくる女性。

そして拉致した男の子どもを身ごもり、監禁された部屋で産み育てる生活。

必死の覚悟で5歳にまで成長した子どもを外の世界に放ち、母親も救出された時点で私は涙が止まりませんでした。

けれどこの映画はそこからの生活が後半の焦点となり

この親子や向かい入れた家族の苦悩、そこからの再生の物語が粛々と描かれています。

解放されたからよかったでは済まない日々の生活や心の傷。

なくした物や時間の大きすぎる代償。

ふと新潟や千葉であった監禁の事件を思い出しました。

そのニュースの先にある被害者の方々の生活について想像だにしなかった私。

自分の想像力の貧しさや

物事にはいろんな側面があるということを

そして、やはり人は強い力を持っていることを考えることができた映画でした。

 

 

これは、なかなか面白い映画でした。

殺人事件の犯人はだれなのか

意外な種明かしでした。

お金にくらむ親族たちや、身内でもないけれど愛情込めて世話し友情と言ってもよいほどの関係性を紡ぐ看護師

さて、犯人は?

そして誰が遺産を受け継ぐの?

なかなか見事なストーリーでした。

 

 

ギルティ

罪を犯したというような意味でしょうか。

緊急通報指令室のオペレーターが電話の声だけで誘拐事件を解決しようと奮闘するのですが…

ところがところがなのです。

ここでこの映画のテーマ「ギルティ」

罪を犯したのは誰なのかということなのでしょうか。

ほぼオペレーター室でのやり取りだけで展開する映画なのに

くいいるように観てしまいました。

人はいくつかの情報から思い込んだストーリーがつくれてしまう。

その思い込みのこわさ。

ここまでの事件ではなくても

日常生活にちょっとした思い込みによるボタンの掛け違いは生じることが多々あるのでは?と思うし

ボタンを掛け違ったことにも気づかず破局したり

傷つくこともあるのではないかと思うのです。

とことん「話し合いましょう~」が大事ということでしょうか。

 

ロールキャベツをたくさん作りました(^_^)ノ

今日は朝からいろんなものを作りましたよ。


f:id:rose-eiko:20240224222727j:image

大きなキャベツ1個を丸々使ってロールキャベツを作りました。

 


f:id:rose-eiko:20240224223205j:image

バケットと胡桃パンとチーズパンを焼いて

 


f:id:rose-eiko:20240224223248j:image

イチゴのシュークリーム(^_^)ノ
f:id:rose-eiko:20240224223258j:image

 

またまた寒くなりましたね。

三寒四温

春はもうそこまで(#^_^#)

絶望と愛のはざまで

紅白の梅が満開。

ほったらかしだったような気もしますが、今年はよく咲いていると思います。

もうそろそろ鉢まししてやらないと窮屈そうです。

盆栽として買ったものなので小さく育てるのが正解なのかもしれませんが

大きくしたい欲望にかられます(*^^*)

 

 

虐待のニュースがメディアを騒がせるたびに、胸を締め付けられる思いがします。

親から毒物を飲まされて死ぬだなんて

死に至るまでに受けたであろう数々の絶望や無力感の混沌の世界

この子の瞳に映る世界はどんなだったのだろう

それでも、親に振り向いてほしくて

親に愛されようと懸命に生きたのではないか

そんなことを想像すると苦しくなります。

 

 

どうしたらこんな哀しい事件がなくなるのだろう。

 

 

私の力は小さいけれど、自分の半生が少しでも役に立てたら。。。

60歳を仕事人生の区切りだとしたら

残りの半生は子どもたちの役に立つようなことができたらと思います。

何ができるのか現役生活も残り数年なので

考えて行こうと思っています。

 

 

聖バレンタインデイ前夜、娘との楽しい時間(#^^#)

バレンタイン前夜、娘とチョコレートケーキを作ることに(#^^#)

いつも作るブッシュドノエルのレシピで作りました。

私は材料を測るぐらいで、ほとんど娘がしてくれたので楽ちん(#^^#)

 

基本のロールケーキの生地を作って、ガーデンルームで冷やしている間にお風呂に入り

入浴後にガーデンルームに見に行くと、ほどほどに冷めた生地になっていました。

 

ガーデンルームから冷えた生地をキッチンに運びロールケーキを仕上げます。
f:id:rose-eiko:20240214082222j:image

生クリームに湯煎したチョコレートを入れてホイップに。

ホイップを塗った生地を丸めるときにペーパーをはがさないのがコツです。そのままペーパーで覆って、またまたガーデンルームへ。

いったん冷やしたほうがクリームが落ち着くように思います。

冷蔵庫がいっぱいの時は、冬の夜は冷蔵庫代わりになるガーデンルーム。

 

その後デコレーション用のチョコレートを湯煎して、生クリームと混ぜてチョコクリームを作ります。

デコレーションの仕上げは娘がしてくれました。


f:id:rose-eiko:20240214082242j:image

めちゃええやんかいな。

ハートのチョコと銀色のアラザンはセリアで買いました。

すてきなお飾りです!(^^)!

ずいぶん前にバレンタイン用に使えないかなと買ったまま、買ったことさえ忘れていましたが

思い出してよかった(#^^#)

 

アップも素敵。
f:id:rose-eiko:20240214082254j:image

デコレーションのチョコレートクリームを少し硬めにしたので

たれずにうまくロールケーキに添ってくれました。

 

娘と二人で作った力作!

こんな時間が持ててよかった。

そして、ガーデンルームで一晩寝かして、翌朝の聖バレンタインデイにいただきました。

ケーキの生地はシフォンケーキの生地なのでふわふわ。バターも使いません。

砂糖はラカントでカロリーゼロだけれど、板チョコを160グラム(3枚ちょっと)使います。

自宅で作るケーキが最もカロリーを気にせず食べられるので幸せです。

 

同じレシピでロールの方法を変えて、お雛様のケーキも作ってみようかなと考え中です。

チョコレートをルビーチョコにして、たっぷりのイチゴを使えばかわいい雛ケーキができそうな予感です。

 

 

忙しい日常(#^_^#)

なんだか久しぶりのブログですよ。

元気にしていましたが、とにかく忙しかった(T_T)

仕事もそこそこ忙しかったのですが

なんと言っても町の役員の仕事よ(*´з`)

でもあと少し、もうちょっとで引継ぎなのでラストスパート。

がんばる。

 

忙しくても、キッチンに立つと心がスーと落ち着くのは不思議なことだなと感じたこのごろでした。

家族のためにごはんを作る、パンをこねる、お菓子を作る・・・

その工程をひとつひとつこなしていく清々しさ。

そしてたどり着く家族の笑顔。

 

撮っていたけれど載せていなかった写真


f:id:rose-eiko:20240210073537j:image

ホットサンドメッシュを買ったので

普通の胡桃パンで挟んで焼いたり、色々試し中。

表面カリカリで美味しい(^_^)ノ

苺大福は大阪の大黒屋さんの。


f:id:rose-eiko:20240210075309j:image

 

帰宅して息子のペペロンチーノがあった日には、生きてて良かったと思うよね。
f:id:rose-eiko:20240210075444j:image

ペンネのペペロンチーノ。

 


f:id:rose-eiko:20240210213634j:image

またも作ったブッシュケーキ。

7日は息子の誕生日でした(#^_^#)

このチョコレートケーキは家族に人気です。

 

町の会計監査の時のお弁当。


f:id:rose-eiko:20240210213940j:image

なんやかんやと忙しい毎日ですが

美味しいものや優しい人々に囲まれて無事に生活してます。

 

 

夫の誕生日(#^_^#)

昨日は夫の誕生日でしたよ。


f:id:rose-eiko:20240121212932j:image

夫の好きなチョコレートケーキを作りました。

ケーキの周りのグリーンは何の葉っぱだと思いますか?

実はにんじんの葉っぱなのです。

バックガーデンで育てているにんじん(#^_^#)

カレーやナムルなど必要な時に抜いて使ってますが、葉っぱが可愛くて優しい感じで花瓶に挿してしばらく楽しんでます。

今回はケーキに添えてみました。



f:id:rose-eiko:20240121213427j:image

ケーキは三段にして間にチョコレートクリームと苺もサンドしています。

 

 


f:id:rose-eiko:20240121213712j:image

今日のランチは残りもののカレーで作ったカレーうどん

焼きたてのチャーシューものせました。美味しくてあったまります。

 

今日はホームセンターで2割引になっていたシャクヤクを二鉢買いました。

赤い夕映えという名のシャクヤクです。

どこに植えようかと考え中。楽しみです。

矢澤先生のバラ講座に参加してきました(#^^#)


f:id:rose-eiko:20240119203146j:image

昨日のランチ。チキン南蛮と安納芋のポタージュスープ!

 


f:id:rose-eiko:20240119203232j:image

今日のお弁当。

鱈のフライ、卵焼き、キュウリのハムまき、えのきのふりかけ、昨日のポタージュスープの残り。

 

 

昨日はお休みをいただいて矢澤秀成先生のバラ講座に参加してきました。

矢澤先生といえば、趣味の園芸などにも出ていらっしゃる有名な園芸家の先生。

矢澤先生の講座は以前にも「球根を使った寄せ植えづくり」というようなテーマの市民公開講座に参加して、とても楽しくお勉強させていただきました。

今回はバラの剪定と誘引ということで、さっそく申し込んで、とても楽しみにしていました。

 

小雨が降っていましたが、レインコート着用で参加。

参加料1000円とは驚くべき安価だと思うのですが

雨が降っているので、なんと半額ですと( *´艸`)嬉しいやら申し訳ないやら。

 

現地集合で市の公園のバラを実際に使っての実習。

近所の奥様も参加されていて、二人一組で一緒にチョキン、チョキン…。

なんと楽しいのでしょうか(#^^#)

要領がわかると二人で「ここもうちょっと切れるよね」とか「すっきりするぅ~」とか言いながら

 

ご近所の奥様のお庭はとても素敵なんですが

その奥様が言われるには、我が家の庭に触発されて「もっとかわいい庭にしたい!」と頑張っているのだとか。

そんなふうに私の庭を見てくださっているのかと思うと嬉しくなっちゃいました。

 

私たちが剪定した樹はアイスバーグ(白)で比較的棘も少なく剪定しやすいバラでした。剪定してるうちに、まるで自分の樹のような愛着までわいて

そうなれば市民公園も私の庭の一部のような気持になりますね(*^^*)

 

雨降る中、チョキンチョキンしながら、空気がつーんと澄んでいて、私の心まで浄化されるような、神秘的な気持ちになりました。なんて上質な豊かな時間であり空間だろう。

残りの人生は、したいこと、気持ちが浄化されるようなこと、楽しいこと

そんなことに費やす時間をたくさん持とうと思いました。

 

こんな素敵な企画をしてくださる私が住む市は、なんて素晴らしいのでしょう。

本当に感謝です。

そして矢澤先生に教えていただいたことに感謝です。

 

教えていただいた知識を活かして、我が家のバラたちも早く剪定したくてうずうずしています。